▼ クラスTシャツがオトクに ▼

▼ オオタ本家サイト ▼

 HOME > プリント
プリントについて

 
プリント加工の種類

一口にプリントと云いましても、枚数や用途に応じて様々な加工方法がございます。
枚数が多い場合は、一番一般的な「シルクスクリーンプリント」がおすすめですが、
1〜10枚ほどの小ロットの場合は、「フルカラー転写」、「ダイレクトプリント」、「カッティング」
がオススメです。とはいえ、プリントしたい素材により、不可能な加工方法もあります。

適正素材 適正アイテム 価格比較
綿素材 ポリエステル ナイロン Tシャツ ジャンパー 帽子 〜10枚 30枚〜
シルクスクリーン × 高い 安い
カッティング 安い 高い
フルカラー転写 高い 高い
フルカラーダイレクト × × × × 安い 安い
○-可能 △-条件により可能 ×-加工できません
【価格比較】は、当社の加工方法内での比較

 シルクスクリーンプリント

1色〜4色までをシルクスクリーンでプリントします。
価格表はこちら⇒シルクスクリーンプリント価格表
【メリット】

【デメリット】
10枚以下だと、1枚当たりの単価が高くなります

 フルカラー転写

写真や絵といった、カラフルなフルカラーに適しています。

【メリット】

【デメリット】
加工面に少しツヤができます。
細かいカットができません。
濃い生地にプリントする場合は、白フチがつきます。



 カッティング

写真や絵といった、カラフルなフルカラーに適しています。
【メリット】
単色の小枚数をお手ごろ価格でできます。
【デメリット】
細かい線、小さい文字はできません。
プリントカラーに制限があります。




 フルカラーダイレクトプリント

ダイレクトにTシャツなどにプリンターで印刷します。
洗濯堅牢度も高く、綿100%の淡色素材のみご利用できます。
1枚からリーズナブルな価格で作れるため、プレゼント
やサンプル作りに向いています。
プリント面もインクジェットでインクを吹きつけるだけなので、
ゴワゴワ感が一切無く、
着心地もとても良いです。
【メリット】
直接Tシャツにプリントするので、ゴワゴワ感が無く、生地の柔らかさそのままの風合いです。
リブなどの多少の段差にもプリントが可能。(厚すぎる物は不可能)
【デメリット】
綿100%の白、淡色生地にしかプリントできません。
淡色生地にプリントする場合は、生地の色に混ざるので出来上がりイメージが
大きく崩れる場合があります。

top△  

デザインについて

お客様で作成する場合には、いくつかの注意事項があります。
詳しくは、下記をご覧下さい。また、当社でデザインの作成も承っております。

⇒デザインの作成について
⇒デザインの依頼について

top△  

加工できるアイテム

プリント加工できるアイテムをまとめました。掲載している商品以外にも、
店舗で販売している作業服、鳶服、白衣、つなぎ等にもプリントや刺繍ネームを入れることが
できます。
⇒アイテム一覧はこちら
⇒作業服やジャンパー、エプロンには、「ワークショップ・オオタ」からご覧下さい。




書体サンプル

文字を使う場合、当社指定書体からお選び頂きますと、無料です。
文字は、アーチや白抜きなど、色々な効果をつけることができます。こちらも無料ですので
是非、面白い作品を作ってみて下さい。

 ⇒書体サンプルはこちら
 ⇒アレンジパターンサンプルはこちら

top△  

プリントサンプル

文字を使う場合、当社指定書体からお選び頂きますと、無料です。
文字は、アーチや白抜きなど、色々な効果をつけることができます。こちらも無料ですので
是非、面白い作品を作ってみて下さい。

 ⇒書体サンプルはこちら
 ⇒アレンジパターンサンプルはこちら

top△  


 HOME > プリント

会社概要 | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | お問い合わせ